第 34回 リコーダー合奏イベント「リコーダー大合奏を楽しもう!」

開催レポート

去る11月29日(木)、今回はいつもよりは少し少なめの23名での合奏となりましたが、少数精鋭で美しい音色を奏でて下さいました。
クリスマスにちなんだ曲を中心に合奏を行いましたが、松浦先生も細かい表現方法やピッチの調整まで思わず熱が入る指導で、合奏を様々な視点から紐解く、一歩踏み込んだ内容となりました。

自身も様々なメーカーの楽器を所有する松浦先生ですが、メーカーごとの替え指のアドバイスなどソロ演奏にも役立つお話が飛び出すこともあり、参加者の方々からは「とても参考になった」「楽しかった」と嬉しいお声も頂きました。
また、この日からリコーダープチセールを同時開催致しましたので、イベント終了後は早速複数名のお客様にご利用頂きました。
皆様お忙しい中、ご参加ありがとうございました。

次回の大合奏は春・・・毎年3月に開催しておりますが、来年は少し時期をずらして4月4日(木)に行います。
また募集開始になりましたらメールとLINE@でお知らせ致しますので、皆様のまたのご参加を心よりお待ちしております。

♪当日の演奏をお聴き頂けます

A.ローゼンヘック作曲
『ニューヨークのクリスマス』より
1.Christmas Parade
2.Christmas Shopping
3.In Church
J.J.フックス作曲『セレナーデ』より
1.Overture

(録音なし)

2.Marche
3.Aria
4.Finale Poco Allegro
あまき喜び
LINE@配信中!

LINE@でもお得な情報やクーポンをお届けしています!
ぜひ「友だち登録」してください!

友だち追加
松浦 松浦 孝成

松浦 孝成(まつうら たかのり)
プロフィール

国内外でバロック音楽を軸に様々なジャンルで演奏活動を行っている。アジア、ヨーロッパでの海外公演も多く、国際交流基金派遣公演(インドネシア、マレーシア、インド)、リコーダー・デュオで韓国・ドイツツアーなどを行なった。また、関東を中心に多くのアンサンブルを指導するほか、全国各地でレッスン、セミナーを行なっている。指揮者としても「目黒リコーダーオーケストラ(MRO)」(東京)のほか、各地の催しに招かれている。2018年には、「台北リコーダーオーケストラ」(台湾)とMROのジョイントコンサートを東京と台北で行い、各方面で話題となった。「清瀬リコーダーフェスティバル」(東京)音楽監督。専修大学文学部卒業。リコーダーを山岡重治氏、通奏低音を岩淵恵美子氏、指揮法を依田浩氏に師事。第5回全日本リコーダーコンテスト独奏部門で金賞。主なCDに「スーパーリコーダーカルテット」、「アンサンブル“アクアレーラ”」、著書に「アルトリコーダー 楽器を知ってじょうずに吹こう!」などがある。

お問い合わせは・・・