夏のリコーダーミニジョイントコンサート

夏のリコーダーミニジョイントコンサート 7月6日(土)

出演者募集

年に一度の『リコーダーフェア』期間中の人気イベント!
アマチュア団体による合同発表の場です。
リコーダー愛好家が多く集まるこの機会に、普段の活動の成果を発表してみませんか?

参加条件

リコーダーアンサンブル(人数応相談)を組める方ならどなたでもOK!
普段はフリーで楽しんでいる方も、この機会にぜひお友達とご参加ください♪
初心者も大歓迎です!服装も自由です。

日程
7月6日(土)
  • 第一部 14時~14時半
  • 第二部 15時~15時半
  • 第三部 16時~16時半
  • 団体数によって開始時間が早まる可能性もあります
持ち時間
1団体:10分(入れ替え込み)
持ち時間の進行は自由にお任せします♪
会場
宮地楽器 小金井店 さくらホール(リコーダーフェア展示会場)
JR中央線武蔵小金井駅北口より徒歩3分
料金
お一人につき 1,000円
  • 6月20日(木)までにお振込みください。
注意事項
  • 演奏会場はリコーダーフェア展示会場を兼ねております。そのため、演奏中の出入りも自由となっております。
  • 当日ホールで音響を確認して頂くことはできますが、リハーサルは実施いたしません。予めご了承ください。
  • 共同でお使い頂けるお部屋をいくつかご用意いたしますので、練習はそちらをご利用ください。
  • 当イベントは、宮地楽器のホームページ・facebook等に、開催時の写真等を掲載いたします。予めご了承の上、お申込みをお願い申し上げます。
お申し込み
WEB・お電話・店頭でお申し込みいただけます。
締め切り:6月20日(木) WEBからのお申込み・お問合せ

お電話 042-385-5585

特別ゲスト演奏

オープニングゲスト

中村栄宏

三重県桑名市出身。東京理科大学大学院工学研究科電気工学専攻修了。
在学中にリコーダー活動により学長表彰を受ける。
リコーダーの経歴を生かしソフトバンク株式会社にエンジニアとして入社。会社員と演奏活動の両立を続けるも、音楽家へ転向のため退社。
岡田文化財団の助成を受け、アムステルダム音楽院リコーダー専攻在学中。

オフィシャルサイトへ

ワキマル・ジュンイチ - piano -

日本大学芸術学部音楽学科作曲コースを経て、日本大学大学院芸術学研究科を修了。
自作の室内楽曲やピアノ曲を収録したアルバム「Piano music & Chamber music」を発表後、今までにソロ・アルバムを3枚発表。
楽曲制作を中心に活動する他、内外の伝統楽器奏者のアルバムやライブに参加。今までにスペインやロシアなど、数カ国で演奏している。
2019年、東京国立博物館で7月から開催される『特別展「三国志」』のイメージソング"THREE KINGDOMS”の作曲を担当している。

エンディングゲスト

倉林靖

リコーダーを大竹尚之氏に師事。国内のワークショップでワルター・ファン・ハウヴェ氏のレッスンを数回受講。
1986年、美術出版社主催「芸術評論」募集で第一席入選。以後、長く美術・音楽関係の評論活動に携わる。著書に『岡本太郎と横尾忠則』『震災とアート』他多数。武蔵野美術大学、東京造形大学、東海大学・東海大学大学院、専門学校桑沢デザイン研究所、非常勤講師。
音楽評論家としては、雑誌『音楽現代』に演奏会評・CD評・特集記事等を毎号に寄稿中。
また評論活動の傍ら、芸術の思想に関わる試行の一環として、断続的にリコーダー奏者・教育者として活動してきた。1995年より数年間、国分寺センターで宮地楽器のリコーダー教室の確立に関わる。近年、2013年以降、宮地楽器の各センターでリコーダー科講師として再び精力的に活動している。

音楽教室プロフィールページへ

中川つよし

イギリスのロンドン市立ギルドホール音楽院古楽科に留学。成城大学大学院修士課程(美学・音楽学専攻)修了。リコーダーを大竹尚之、フィリップ・ピケット、パメラ・トービーの各氏に師事する。アンサンブル雲水、アルテミス・コンソート、代表。演奏活動のほか大学などで西洋音楽史の講義を担当、また音楽療法の分野でも活躍している。近年は宮地楽器オリジナル・リコーダー(徳永隆二氏 製作)の監修を務めるなど、リコーダーの製作にも携わっている。
和光大学非常勤講師、国立精神・神経医療研究センター音楽講師。和光大学オープン・カレッジぱいでいあ、NHK文化センターさいたまアリーナ教室、宮地楽器音楽教室リコーダー科、各講師。

音楽教室プロフィールページへ

過去の開催レポート

昨年開催の第5回 夏のリコーダーミニジョイントコンサートは、沢山のご応募の中から、10組の団体に演奏をして頂きました。
演奏終了後にはリコーダーファン同士のコミュニティも広がり、出演者をはじめ、聴きに来てくださったお客様にも喜んで頂きました。

第5回 ご出演 笛女の皆さん